園長だより

                     

子どもの表現を大切に」         

                              園長 大町美奈子

園庭の大きな桜が満開になり、桃や様々な花が咲き、葉が芽吹き、春のおとずれを感じるこの4月に、新たな歩みを子どもたちと始められることを、とても幸せに思います。

この新しい歩み出しの中、子どもたちが自分の思いを出して、安心して幼稚園で遊んでいく事ができることを願っています。嬉しいときも、泣きたいときも、どれも、その子の表現ですから大事にしたいと思います。子どもが泣くとき、悲しいという理由だけではないこともままあります。

先日、スカイジムの下で大きな声で泣いている子に出会いました。横には「ごめんね・・」としょんぼりしている子が…。話をきくと、上に登っていたけれど、足が滑ってしまい、下から登ってきた子の手を踏んでしまった。それで謝ったけれど泣き止んでくれない。その泣いてる子は踏まれた手が痛いのではない。「もっとのぼりたかった」でも登れなくなったから悲しかったという。その後、気持ちがおさまると、あとは自分で登っていきました。「やりたいこと」がある、と泣くのに逞しさを感じます。「泣く」というのも大事な表現です。彼らの心の中の気持ちや、感情がどんな形でも、出せるようになるといいなと思います。

ある時、庭を歩いていた一歳半位の子どもに、私が「ねえ、このお花きれいでしょ、今日咲いたのよ」と、ムスカリの花を指すと、その子は花をチラッと見て、振り返り「あ、あ」と、ブランコの方を指さしました。指した方を見ると、杏の花が満開でした。「あの花もきれいだね!」というと「うん」と頷き、また自分の行きたいところへ向かっていきました。幼い子どもも、気持ちが通じたとき「うん」と頷く。先ほどのスカイジムに登りたかった子どもが、なかなか「うん」と言わない。心の中には自分の気持ちがある。この時には、言葉に出来なくても、気持ちが通じた、という経験の積み重ねで、嫌だったことが言え、表現出来るようになっていきます。「そんな時は、こう言うといいよ」と教えてもらい、泣かなくても伝えられるようになっていきます。子どもが何かを表現していることに寄り添い、共感することで子どもは喜びの中で、過ごすことが出来ます。子どもが「おもしろかった!」と幼稚園で遊ぶ数時間、この積み上げが自信となり、成長する力になっていきます。

 

お知らせ

 未就園児対象プログラム

  ”めだかの会”

◆対象:2〜3歳児(親子参加) 
   どなたでもどうぞ
 広い砂場や大きな桜の木の下
であそびましょう
この年代の子どもたちにとって、父母の見守りの中で、思う存分、自分のあそびをする喜びは、かけがえのない時間です。ゆったりと遊べる場になることをことを願って、お待ちしています。

◆申込方法:前日までにお電話ください。
◆定員:25名(要予約)
◆開催日:(原則として)
 第一土曜日 午後1時30分〜3時
 
次回開催日は 
6月8日(金)
     1時30分~3時です



絵本の会

◆対象:3歳児〜小学3年生 どなたでもどうぞ
 図書室にあるたくさんの絵本の中から読んでほしい絵本を選んで読んでもらったり、大人が選んだ絵本をみんなで聞いたりします。
◆開催日:原則として
 第一土曜日 午後1時45分〜3時
 
 次回開催は 6月8日(土)1時45分~3時です
         

園児募集  

 3年保育児(3歳児) 30名
 2年保育児(4歳児) 若干名
  入園希望者の保育見学(要予約申込)通常は、9月・10月に行います。
    その後の入園希望者は随時お問い合わせください。
                 入園予定のお子様もご一緒にどうぞ。

     募集要項や志願書用紙は、受付でお渡しします。
      お問い合わせください

入園案内の会(予約は不要です)
 
どうぞいらしてください。
2018年928日(金)2時受付
        2時15分~3時30分
入園願書受付(2019年度)

 10月24日(水)からです。9時15分~16時