園長だより

                     

「ゆっくりと歩むこと
」         

                              

                                     下落合教会  有住航

 

一行がエルサレムに近づいて、オリーブ山のふもとにあるベトファゲとベタニアにさしかかったとき、イエスは二人の弟子を使いに出そうとして、言われた。「向こうの村に行きなさい。村に入るとすぐ、まだだれも乗ったことのない子ろばのつないであるのが見つかる。それをほどいて、連れて来なさい。」

(マルコによる福音書一一章一〜二節)

イエスは、エルサレムに入ろうとする際、弟子たちに「子ろば」を連れて来させます。イエスは、人間や重い荷物を運ぶのに長けた大人のろばや馬ではなく、なぜか子ろばを求めます。おぼつかない足取りの子ろばに乗ったイエス。その姿は人々が思い描く「救い主」のイメージとかけ離れ、ちんたらしていて頼りないものに見えたことでしょう。

小山晃佑という神学者は、聖書の中で描かれる神がいつも人々と共に歩む存在であることに注目し、その姿を「時速五キロのスピードで、ゆっくり歩みたもう神」と名付けます。そして、この「ゆっくり歩む神」のありようを、子ろばに乗ってやってくるイエスの姿にも重ね合わせます。

イエスは、早い速度で疾走する馬ではなく、人間の歩む速度(時速五キロ)と同じか、それよりもゆっくり歩む子ろばに乗ってきます。イエスの弟子たちの中には、高齢者、子ども、歩くのがしんどい人もおおぜいいたでしょうから、イエスは、そのような弟子たちと同じ速度で歩き、誰も置いてきぼりになることのないように、ゆっくりゆっくり旅をしたのだろうと思います。

最近、一歳半の人と一緒に歩くことが増えました。その人の歩みを「遅く」感じることもあるのですが、一緒に歩く中で、自分が普段見過ごしていたことの多さに改めて気づかされます。

「早いこと」が賞賛される時代の中で、わたしたちは「ゆっくりと歩むこと」にどんな積極的な意味を見出すことができるでしょうか。子ろばに乗ってやってくるイエスの姿から、共に歩むことの大切さを改めて感じたいと思います。

お知らせ

 未就園児対象プログラム

  ”めだかの会”

◆対象:2〜3歳児(親子参加) 
   どなたでもどうぞ
 広い砂場や大きな桜の木の下
であそびましょう
この年代の子どもたちにとって、父母の見守りの中で、思う存分、自分のあそびをする喜びは、かけがえのない時間です。ゆったりと遊べる場になることをことを願って、お待ちしています。

◆申込方法:前日までにお電話ください。
◆定員:25名(要予約)
◆開催日:(原則として)
 第一土曜日 午後1時30分〜3時
 
次回開催日は 
9月7日(土)
     1時30分~3時です



絵本の会

◆対象:3歳児〜小学3年生 どなたでもどうぞ
 図書室にあるたくさんの絵本の中から読んでほしい絵本を選んで読んでもらったり、大人が選んだ絵本をみんなで聞いたりします。
◆開催日:原則として
 第一土曜日 午後1時45分〜3時
 
 次回開催は 9月7日(土)1時45分~3時です
         

園児募集  

 3年保育児(3歳児) 30名
 2年保育児(4歳児) 若干名
  入園希望者の保育見学(要予約申込)通常は、9月・10月に行います。
    その後の入園希望者は随時お問い合わせください。
                 入園予定のお子様もご一緒にどうぞ。

     募集要項や志願書用紙は、受付でお渡しします。
      お問い合わせください

入園案内の会(予約は不要です)
 
どうぞいらしてください。
2018年928日(金)2時受付
        2時15分~3時30分
入園願書受付(2019年度)

 10月24日(水)からです。9時15分~16時